100均グッズで手作りヘアアクセサリー!手芸初心者でも大丈夫

スポンサードリンク

100均グッズで手作りヘアアクセ

手軽に女子力アップするヘアアクセサリー。

「その日の気分で選びたいから色んなデザインのものがほしい」と、意外にお金がかかってしまうもの。

 

そんなときには自分で作ってみてはいかがでしょうか。

難しいイメージがあるハンドメイドですが、編み物など手芸の経験がない方でも大丈夫。

100円ショップで売られている商品でお手軽に作れるので挑戦してみましょう!

 

ヘアアクセにもシュシュ・ヘアピン・ヘアゴム・バレッタ・カチューシャなど様々な種類がありますが、今回は小さな女の子でも安心で扱いやすいヘアゴムを取り上げていこうと思います。

スポンサードリンク

くるみボタンを使ったヘアゴム

まずは『くるみボタン』を利用したヘアゴムから。

 

必要な材料は、髪の毛用のリングゴムとくるみボタンのみ。

好きなデザインのくるみボタンの穴にヘアゴムを通すだけで作れます。

141120-0001

こちらはダイソーのもので2本組ですが、キャンドウには10本組で販売してるものもあるようです。

 

 

141119-0002出典:http://ameblo.jp/ayachanchaco/

 

141119-0003出典:http://ameblo.jp/shosho-1005/

 

141119-0004出典:http://ameblo.jp/haru-potechi/

 

工具などを使わないので、お子様と一緒に作ってみてはいかがでしょう。

 

100均では『くるみボタンの製作キット』も販売されています。

好きな布で作ってみるのも楽しいですよ。

141120-0003

 

 

UVレジン液を使ったヘアゴム

もう少しオリジナルなヘアゴムを作りたい方は、『UVレジン液』を使ってみてはどうでしょうか。

 

『レジン液』とは透明の接着剤のようなもので、主にブローチなどを作るときによく使用されています。

主液と硬化剤の2液を混ぜて使うものもありますが、紫外線に当てることで固まる『UVレジン液』を使うほうがよりお手軽に作製できるのでオススメ。

混ぜあわせるものは分量を間違えると固まらなかったりと、若干敷居が高くなってしまいます。

 

 

店舗によりますが、100円ショップでも手に入れることができます。

ただ100均のものはベタベタする仕上がりになってしまうことがあり注意が必要。

ある程度まで100均のもので固めていき、最後にお値段の高いものでコーティングすると綺麗な仕上がりになります。

 

作成手順をていねいに紹介している動画がありましたので、皆さんもこちらを参考に挑戦してみてください。

 

レジン用のUVライトも3000円ほどで販売されています。

なくても太陽に当てて硬化させることが出来ますが、UVライトならば約4〜6分で硬化しますのでかなり時間短縮に。

 

 

まとめ

今回紹介した100均グッズで気軽に作れるヘアゴム。

皆さんが思っていたより簡単だったのではないでしょうか?

 

くるみボタンなら短時間で大量に作れるので、保育園のバザーなどイベントがあるときにも活躍しそうですよね。

100均に売られているラッピングで包装すれば、かわいらしい商品の完成です。

ぜひ、お試しください。

 

スポンサードリンク


※当サイト『100円ショップを活用して生活を100倍楽しもう!』は、
100均グッズ愛好家の方々の投稿により運営しています。
URL :
TRACKBACK URL :

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)