100均のUSBケーブルでスマホの充電ができるのか?

スポンサードリンク

100均のUSBケーブル

100円ショップのスマホ関連コーナーに行くと便利な商品がたくさん並んでいます。

中にはスマホを充電したりデータ転送するためのケーブルも売られていますよね。

付属の充電器やパソコンなどUSB端子がついた電化製品を用いて充電するために必要な商品。

 

しかし皆さんの中には、

純正のものと同じように本当に充電できるの?

使っていてもスマホは壊れないの?

といった疑問をお持ちの方が多いようです。

今回はそんなときに役立つ実際に使われている方の声をまとめてみました。

スポンサードリンク

100均で売られている商品

”スマホ用充電ケーブル”といってもその種類は充電するスマホによって様々。

iPhone4s以前で使う”DOCKコネクタ”

141210-0001

 

iPhone5以降で使う”Lightningケーブル”

141210-0002

 

Androidスマホで使う”microUSB”

141210-0004

 

と大まかに分けるとこの3種類。

今回は参考程度にそれぞれ1つずつ画像を載せましたが、実際にはかなり豊富な種類の商品が販売されています。

 

利用者の声

まずお店で売っているものは”通信用”、”充電用”、”通信/充電用”とありますが、もちろん”通信用”の商品では充電できません。

パッケージをきちんと確認し、充電用の商品を購入しましょう。

なお100均の商品に限らずですが、定格出力が1A以上のものでないと充電が終わるまでに時間がかかります。

 

microUSB・・・

初期不良(内部で断線しているなど)を除き、問題なく使用している方がほとんどです。

 

DOCKコネクタ・・・

ボクも100均の商品を使っていたことがありますが、途中から使えなくなりました。

原因はソフトウェア”iOS”のアップデートを行なったためだと思われます。

問題なく使用している報告もありましたので、当たり外れがあるということでしょうか。

100円だから試してみるのも手ですが・・・

 

Lightningケーブル・・・

最近やっと100円ショップでもLightningケーブルが販売されるようになりました。

正規品とは違いケーブルを挿す向きが決まっているので裏表を間違わないように。

 

iPhone5以降では、以前のDOCKコネクタからLightningケーブルに変更になり認証チップが組み込まれるようになりました。

Appleが認証した商品でない場合、購入時に使えても今後使えなくなることもあるそう。

Lightningケーブルは、純正品か認証された商品の購入をおすすめします。

 

まとめ

問題なく使用できるケースがほとんどですが、たまにダメだったという報告があるように当たり外れがあるようです。

100均でいくつも購入し使えるものだけを利用する人も中にはいました。

”使えたらラッキー”ぐらいの気持ちでないと購入しないほうがいいのかも。

 

どういう状況なのか詳細は分からないですが、ケーブルが発火したという情報もあるようですのであくまでも自己責任で使用してください。

 

※ちなみに車のシガーライターに挿す商品を100均で購入しiPhoneで使用していましたが、バッテリーがほとんど残っていない状態での充電が出来ませんでした。

(バッテリー残量が約10%以下の場合は、出来ないぐらいだったと思います)

 

スポンサードリンク


※当サイト『100円ショップを活用して生活を100倍楽しもう!』は、
100均グッズ愛好家の方々の投稿により運営しています。
URL :
TRACKBACK URL :

コメント入力フォーム

*
*
* (公開されません)